top of page
検索

カラーガードは一体モテるのか

みなさん、こんにちは。


今日はカラーガードはモテるのかについて、話していきたいと思います。



まず結論から言うと、カラーガードしてるだけじゃ残念ながらモテないし、

いくら上手でも残念ながらモテません。


まあどういうことかっていうと、一つのエリアで100%制覇できてる人よりも

全部のエリアで満遍なく、60%70%ぐらい制覇できてる人がモテるんですね。


やっぱ上手なだけじゃモテないし

お金持ちなだけじゃモテないし

話が上手いだけじゃモテないし

面白いだけじゃモテないし

カリスマちっくなだけじゃモテないし


本当に全部のエリアを60%70%満遍なくがモテるんです。



Viaっていうチームの話なんですけど、

みんなね、ランスルー動画いっぱい見てきて、

練習前に“ここ直そう“とかやっちゃってる連中がいっぱいいるようなチームなんですけど、

やっぱね、みんな話しても本当にカラーガードのこと以外何も話さないで、本当にねその人のアイデンティティがもうカラーガードだけになっちゃってるんですよね。



本当に残念ながらそれだけじゃモテないです。



でもやっぱり人は、見た目が九割って言うんで、

ビールっ腹でお腹が出てるよりもスラッとしてた方がいいし、

カラーガードでもねキャッチが強い方がカッコいいし、

シンプルにボディーワークとかキレイだったらねリスペクトされるんで。


あとはやっぱりカラーガード上手になるためには練習も徹底しなきゃいけないし、

普段もね映像みて一回だけじゃなく何度も視点変えてみたり、

そういうとこもちゃんとしないといけないんで

キャッチもカッコよくてボディワークもキレイな人は、

ビールっ腹の人よりは一番最初の印象としては、自分のことコントロールできてるし映像みて研究する人だし、自分のこと大切にできてる人なんだな、

それなら私のこともしっかり大切にしてくれる、って思ってもらえるかもしれません。



でもやっぱり自分にはカラーガードしかないって思ってる人には僕からのアドバイスがあります。


日本一になるってことです。



これは僕が実際にやったことなんですけど、僕が今もう十年くらい代表をしてるチームは、

できた当初は一位なんてね、程遠かったんですけど、

いっぱい負けてね、それでも続けてね、もうずっとカラーガード漬けの日々を送ってきたんですけど。


今となってはね、

先日出場したカラーガードの全国大会で一般の部で2連覇したんで、

そういうやり方もありかなと思いますね。




Via Colorguard 代表

閲覧数:331回
bottom of page